4923_2_1
元東京都知事の石原慎太郎氏(83)と亀井静香衆議院議員(79)が5月19日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開き、アメリカ大統領選で共和党の指名獲得を確実にしたドナルド・トランプ氏に対して会談を申し込んでいることをあきらかにした。

石原氏は会見の冒頭、「ドナルド・トランプ氏は大統領になるだろう」という見解を示した。さらにトランプ氏がこれまで日米安保の見直しなどに言及していることに触れながら「とにかく日本のことを知らなさ過ぎる」と指摘。映画「鬼龍院花子の生涯」の故・夏目雅子の名ゼリフを引用しながら「なめたらいかんぜよ」と繰り返し述べた。

石原氏の長年の「盟友」である亀井氏は「強大国のアメリカがエゴをむき出しになりつつあることに危機感がある」「トランプ氏が大統領になったあとに日本や世界のことを知ったら手遅れだ。その前に会談したいと考えている」と述べた。亀井氏によると、すでにトランプ氏側に会談をしたいという意志を伝えているという。

亀井氏はまた、会見のスピーチ途中で、背広のポケットからトランプと花札を取り出した。両手にそれぞれ持って腕を上げて、「トランプに対して花札で」とアピール。会見場にあつまった外国人記者たちの笑いを誘っていた。

一方、オバマ大統領が今月の伊勢志摩サミット出席後に、被爆地・広島を訪問する予定になっていることについて、広島出身の亀井氏は「反省も謝罪もしないのであればおいでいただかないでほしい。残虐な戦闘行為をした国の現在の代表が見世物として姿をあらわすのか」と声を荒げた。「見物においでになるなら、大統領をやめたあとにしてください。それなら歓迎する」と付け加えた。

弁護士ドットコムニュース