法律の相談JP

時事情報と連携して法律に興味を持ってもらう法律相談サイト

はあちゅうがブログに書いた「不倫は犯罪じゃない」って、どういう意味なの?

time 2016/01/26

はあちゅうがブログに書いた「不倫は犯罪じゃない」って、どういう意味なの?

はあちゅうがブログに書いた「不倫は犯罪じゃない」って、どういう意味なの?
4337_2_1
人気ブロガーの「はあちゅう」さんが「不倫は犯罪じゃない」というタイトルのブログを書いた。「犯罪ではなくて不法行為だそうです」として、他のサイトの記述を引用しながら、不倫をすると慰謝料を請求される恐れがあるが、犯罪ではないという説明をしている。

このブログは、タレントのベッキーさんとバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(えのん)さんの不倫騒動が報じられた直後の1月7日に掲載された。その日、はあちゅうさんは、あるツイッターユーザーの「不倫は犯罪だけど、好きになったらどうしようもない感情もある」というツイートに対して、「日本中犯罪者だらけになっちゃう!」と返している。どうやら、不倫は犯罪だと誤解している人に、そうではないと伝えたかったようだ。

たしかに、現在の日本で、不倫は「犯罪」ではなく、「不法行為」だとされている。それはどういうことなのか。「犯罪」「不法行為」という言葉からすると、どちらも「悪いこと」のように思えるが、どこがどう違うのか。冨本和男弁護士に聞いた。

●「違法」の考え方は相対的
「不倫は民法上の不法行為にあたり、配偶者から慰謝料を請求されることがあります。これはあくまで、民事上の責任であって、刑法上の犯罪とは異なります。

民事上の責任は、当事者間でのみ発生します。道義的な問題は別として、法的には無関係な第三者から非難されたり、責任を追及されることはありません」

冨本弁護士はこのように述べる。

「一方で、犯罪というのは、刑法をはじめとした刑罰法規で禁止された行為のことです。もし犯罪を犯してしまった場合には、しかるべき手続きに沿って、懲役や罰金などの刑事責任を受ける可能性があります」

不倫は、法的にどういう位置付けなのだろうか。

「不倫については、現在の日本の法律で、刑事罰を加える規定は存在しません。かつては、日本でも不倫を処罰する『姦通罪』という罪が定められていましたが、女性にとって不平等な内容だったので、日本国憲法制定直後の1947年に廃止されました。

刑事上の犯罪も、民法上の不法行為も、ともに『違法な行為』と表現されることはあります。ただ、『違法』という概念は相対的で、法律ごとに異なります。

少しややこしいですが、民法で『違法』と評価されたからといって、刑法上も当然に『違法』になるというわけではないということです」

弁護士ドットコムニュース

ナカノヒトの感想
まぁ、そういうものですね。犯罪じゃなくても、賠償責任を負うことはありますから、悪くないわけじゃないですね。

最近のコメント

    about 法律の相談JPとは?

    お休みの月曜か火曜に、1週間分の法律ニュースを更新します。
    判例百選から、時事問題の法的解釈、僕が面白いな~って思ったものを抜粋してお送りいたします。
    ナカノヒトは、考え方を学ぶために、みなさんと同じ視点で見ていますので、弁護士さんに相談をしたいんだよ!!って言う方は、弁護士ドットコムの無料相談(https://www.bengo4.com/)か、法テラス(http://www.houterasu.or.jp/)に相談されるといいと思います。