その土地の所有者であって、権利を行使する法的な裏付けがあったとしても、その権利の行使を“権利の濫用”を理由に認めないとしたこと。所有者だからと言っても何でもかんでも、法律で保護する訳ではないということを明確にした当時としては画期的な判決なのです。
01

02

03

04

・元々利用価値の無い土地だった
・引湯管(木管)が通っているとはいっても本当に少しだけだった
・高値で売り付ける目的で土地を手に入れ、法外な価格を提示した
などの事情も含めて総合的に検討されて、「権利の濫用」だと認定されました。

マンガで民法判例がわかーる。 『宇奈月温泉事件』をマンガで解説